医者

頭痛には様々な原因がある【痛みが気になるなら医者に相談しよう】

早めの受診がお勧めです

医療

私の症状

日ごろパソコンに向かう時間が長く、かつ私はストレスも多い生活をしていて、日常のリズムも崩れがちな上、睡眠不足も続く日々で、良く頭痛を起こします。軽い頭痛の症状が出たときは、少し横になって休むとか休息を心掛けています。でも、どうしても頭痛が酷くなり吐き気をもよおすまで痛んだことがあります。その時は、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍など様々な怖い病気を頭に浮かべました。このまま頭痛が治らなかったらまずいと思いインターネットでも色々と調べてみました。やはり病院で一度頭の検査をしてもらった方が一番良いのではないかと、脳神経外科の門を叩くことになりました。私の頭痛が再頂点に達したのは、夕方で病院も一般診療が終わっている時間でした。

病院への受診

病院へ行くなら内科ではなく、脳神経外科に行った方が良いと思い、家の近くの脳神経外科を探し、電話をしてみたところ、一般診療は終わっているが、急患扱いで診て下さるとのことでした。病院へ着くと、電話してあったこともあり診察までもスムーズでした。まず問診が行われて、早速頭のMRI検査が行われました。正直、その日に電話してMRI検査なんてしてもらえるとは思っていませんでした。MRI検査は賞味30分くらいでしょうか。検査が終わると画像が出来上がるまでに時間が掛かるのかと思っていたら、すぐに診察室に呼ばれました。MRI検査の結果は画像を見ながらのものです。私の脳は少し縮んでいるとのことでした。それ以外は、怖い病気はありませんでした。頭痛の原因は頭の中にはなく、肩凝りや首からも頭痛は来るとの事で、湿布薬を貼ることを勧められました。この検査がなければ、不安なまま日常を送っていたかもしれません。あるいは病気が原因の頭痛にも関わらず、そのままにして悪化していたかもしれません。どちらにしても大変なので、もし頭痛が長引く、あるいは少し症状が辛いのであれば医療機関を訪ねるようにすべきです。また体の不調は精神的なものが関係していることもあるようなので、もし普通の医療機関に行って何の原因も見つからないのであれば、心療内科などに行くという選択肢も持つといいでしょう。

辛い頭の痛み

診断

様々な頭痛がありますが、先ずは原因の解明です。病院へ行き、受診していただきましょう。早めの判断が良い結果をもたらす事もあります。原因が解明すると治療ができ、頭痛も落ち着いてきます。早く痛みがなくなり体や心が楽になると良いです。

詳細を確認する

軽く考えないで

女の人

頭痛には大きく分けて緊張型頭痛と片頭痛がありますが、ほとんどの方は緊張型を患っています。痛みの発生する原因は人それぞれとなっていますが、コリを解したり、血流を改善する適度な運動を行なうのが良いでしょう。医療機関の診察を受け、適切な治療方法を提案してもらうのも良い方法です。

詳細を確認する

体が発する信号

頭痛

生活習慣病といった日常の中に潜むポイントを押さえて体の疲労状態を管理し、健康状態を保つように行動しましょう。頭痛などの病気も普段からの行動によって症状を軽くしたり抑えたりすることができるので自己管理を正しく行うことが大切です。

詳細を確認する

痛みから解放される方法

中年男性

頭痛に悩んでいる人の多くは医療機関を受診せず、市販の頭痛薬で間に合わせています。一方で内科や脳神経外科などで頭痛治療をした人は、薬の効果という点でも治療を高く評価しています。市販薬で間に合わせずに医療機関を受診することが、痛みから解放される最善の方法なのです。

詳細を確認する

特徴と予防法

カウンセリング

頭痛にはいくつかの種類があって、その種類によって発症する原因が全く変わってきます。従って、予防や対処は、1種類だけではなく、その頭痛の種類を知り、原因に応じた適切な対処法を取ることがとても大切になります。

詳細を確認する