女性

頭痛には様々な原因がある【痛みが気になるなら医者に相談しよう】

痛みから解放される方法

中年男性

市販薬より処方薬

多くの日本人が頭痛持ちで悩んでいると言われるほど、頭痛はありふれた症状です。さまざまな原因によって頭の痛みが引き起こされるのですが、多くの人は頭が痛い程度では医療機関を受診しないものです。「たかが頭痛」と軽く考え、市販の頭痛薬を飲んで間に合わせているのです。頭痛の頻度が高くなければまだしも、しょっちゅう頭が痛んだりしつこい痛みが続いたりするようなら、一度は内科や脳神経外科を受診すべきです。たかが頭痛と侮ることはできません。頭の痛みには、何らかの重大な疾患が隠されている可能性も否定できないのです。検査の結果そうした疾患も発見されず、ただの頭痛と判明したとしても、医療機関を受診したことを後悔することはありません。内科や脳神経外科の医師は頭痛治療の専門家なのですから、処方される薬も市販の頭痛薬より効果が期待できます。市販薬は多くの成分が配合されており、さまざまなタイプの痛みに対応できるように製造されてはいます。特定のタイプの痛みに対して、ピンポイントに効果を発揮できるわけではありません。その点では処方箋に基づく薬の方がはるかに効果を期待できるのです。

素人診断より専門家

一口に頭痛と言ってもさまざまな種類があって、原因もそれぞれに異なります。痛みの発生するメカニズムは頭痛のタイプによって異なるのですから、原因を正確につかんでいないといつまで経っても症状が改善しません。薬だけでは効果が上がらないケースもあります。生活習慣の改善も含め、医師の指導は時として薬以上の効果を発揮することがあります。医療機関を受診せず素人診断で市販薬を飲んで間に合わせようとする人は、この貴重な指導やアドバイスを受ける機会も自ら放棄しているのです。頭痛発生のメカニズムが解明されるにつれ、治療も対処療法から予防への流れが加速しつつあります。痛みが起きてから薬を飲むよりも、痛みが出ない生活を送った方が良いことは言うまでもありません。内科や脳神経外科などの医療機関では、問診やさまざまな検査を通じて頭痛の種類と原因を診断します。診断結果に基づいて処方する薬を決め、最適な治療を行うのです。検査の結果何らかの疾患が発見された場合でも、早期発見早期治療につながります。健康な生活を取り戻すためには「たかが頭痛」と侮らず、医師に相談するのが痛みから解放される最善の方法なのです。