女性

頭痛には様々な原因がある【痛みが気になるなら医者に相談しよう】

軽く考えないで

女の人

見分け方

近年、頭痛に悩まされる方が増加しています。特に若い世代に多く問題視されています。この原因としてスマホやパソコンの使い過ぎにより目の筋肉が凝ることにより肩まで固まる場合や、運動不足による筋肉量低下による影響など様々なことが示唆されています。対処方法としてパソコンを使う時はたまには休みを取り遠くを見たり、散歩に出かけることなど日常的にできることがほとんどです。蒸しタオルを目に当てアロマの香りでリラックスすることも効果的です。どうしてもひどい場合は病院にかかるか、一度マッサージに行くとかなりましになることがあります。高齢者の場合筋肉量が低下しており、さらに運動不足や血流不足により頭痛が起こることが多いです。高齢者の肩を触るとびっくりするほど硬く、マッサージできない方もいます。最近では弱い筋弛緩作用のある薬も市販されているため、そのような商品を探すことをお勧めします。また最近ではニーズに応じ様々な新商品が発売され、湿布でも香りのあるなしだけでなく、形や使いごことなどを工夫した商品が多数販売されつつあります。

緊張しすぎ

頭痛はほとんどの方がなる経験がある疾患の一つです。ほとんどの方は緊張型頭痛と呼ばれる肩や目の筋肉が凝ることで血流が悪くなり痛みが生じます。このタイプの方はお風呂に入ったり、軽い運動をして、脳の血管が拡張すると症状が軽減し、また寝ると治ることも多いです。市販のほとんどの鎮痛薬はこの頭痛には効果があります。しかし薬も痛くなり出した時に飲むことが重要となります。かなり症状が悪化してからでは薬による痛み物質の抑制ができなくなるため、ほとんど効かないように感じることもあります。頭痛の中でも寝ても治らない、数日間続く、または光や音により過敏に反応してします場合片頭痛の可能性があります。この場合ほとんどの医薬品は効果がなく、またお風呂に入ることで症状が一時的に悪化することもあります。なぜこのような違いが出るのかは原因によります。一般的な場合血行不良なので血管は縮み酸欠に近いような状態になります。一方片頭痛の場合血管が過剰に拡張しているため、脳が圧迫され痛みを生じます。もちろんこれは一般的なタイプであり、コーヒーなどのカフェイン摂取により症状が改善するかたもいれば、悪化する方もいます。頭痛の症状が気になる場合は、最寄りの医療機関に行き、診察を受けてみるのも良いでしょう。自分の頭痛のタイプを知るきっかけとなります。