女性

頭痛には様々な原因がある【痛みが気になるなら医者に相談しよう】

特徴と予防法

カウンセリング

頭痛には色々な種類がありますが、ごくごく一般的な頭痛は2種類に分けられます。1つは緊張型頭痛、もう1つは片頭痛です。それぞれの頭痛についての特徴を解説していきます。緊張型頭痛は頭痛の中では最も多くみられる頭痛で、老若男女関係なく誰もが発症してしまう可能性のある頭痛です。デスクワークで同じ姿勢を長時間取ったり、長時間のストレスを感じることによって筋肉が緊張してしまうと、血行が悪くなってしまい、脳に栄養がいきわたらなくなっていきます。そして血管の周囲が炎症を起こし、それによって頭痛を引き起こしてしまうのです。緊張型頭痛は首や肩のこりを伴う場合が多いのですが、これは肩こりと発症するメカニズムが同じだからです。もう1つの片頭痛は20代から40代の女性に多く発症するとされています。はっきりとした原因はいまだ解明されていないのですが、頭蓋骨の中の血管が何らかの原因によって広がってしまい、炎症を起こして、それが原因で頭が痛くなります。女性に多いことから女性ホルモンが関係しているとされています。

頭痛は症状の原因が違うので、その種類によって予防法が変わってきます。代表的な治療としては、2種類の方法があります。まず、緊張型頭痛は筋肉が原因となっているので、首回りや肩の筋肉を鍛えるというのが予防する1つの方法となります。しかし、首や肩だけではなく、同時に腹筋や背筋を鍛える必要もあります。身体のパーツごとの筋肉トレーニングを行なうのも有効ですが、全身の筋肉を鍛える運動として最も適しているのが水泳です。実際、水泳をしている人にはこの頭の痛みに悩まされる人が少ないといわれています。次に片頭痛ですが、空腹時に発症することが多いので、まずは食事に気をつけるというのが予防法の1つとなります。アルコール、特に赤ワインはチラミンという物質が含まれていて、この物質はこの種類の頭の痛みを誘発します。また、チョコレートやチーズなど、摂取過多にならないように注意すべき食物は色々とあります。また、ストレスや疲れが症状を誘発するので、睡眠はしっかり摂るようにしましょう。ただし、寝すぎや寝不足に注意してください。適切な睡眠が予防の一つの方法です。